USA

2005年04月03日

usa0406-1今年の2月にハリウッドのコダック・シアターで代77回アカデミー賞授賞式が行われたのはまだ記憶に新しい。私は、みごとに主演女優賞を射止めたの『ヒラリー・スワンク』の見事なまでに鍛え上げられた背中の美しくも力強いたくましさに賞をあげるべきだ、と思ってしまった。ボクシングをやると、あんな背中になれるのか・・。始めようかな。
 
usa0406-3それはさておき、授賞式がすぐそこまで迫ったコダック・シアター周辺は大忙しだった。皆さんも良くご存知の『赤のじゅうたん』。関係スタッフが一生懸命準備してました。世界中から集まってくるメディアの席の設置、ポスター等の準備など、忙しそうに動いてました。街中にポスターが溢れ、ハリウッドは授賞式の空気がムンムン!
 
usa0406-2今まではテレビでしか見たことは無かったけれど、やはり映画の聖地、ハリウッド。準備現場まで見られるなんて・・。でも、この一大イベントのために、道路は封鎖。勿論ニュースでもアカデミー賞による交通規制情報などがやっており、前日はかなり道路が混み合ってました。
 
影のスタッフの努力で、あんなに華々しい授賞式が設置されるんですね。


(16:06)

2005年03月15日

今回はロスの海辺を紹介することにしよう

 usa050318-2

まずは、とても有名な『サンタモニカビーチ』。ここには旅行雑誌などでおなじみの『サンタモニカピア』がある。桟橋にちょっとした遊園地がある。桟橋にローラーコースターや観覧車(メリーゴーランドもある)がある。休日には特に黄色い声が響き渡っている。ピアの先端のほうに行くと釣りをしている人がチラホラ出現する。ここで以前は大きな鯖を釣り上げているおじさんを見たことがある。浜辺にはサーファーやビーチバレーを楽しむ人の姿があふれる。ちなみにビーチバレーコートは沢山あり、全て無料で使用することができるので、友達を誘い合って休日はビーチバレーというのも良いかもしれない。

 

usa050318-4サンタモニカビーチの南側に『ベニスビーチ』がある。この二つのビーチはとても近く、サンタモニカとベニスを結ぶ特別な道『オーシャンフロントウォーク』を使って簡単に移動することができる。このオーシャンフロントウォークでは沢山の人がランニングやローラーブレード、自転車などを使って汗を流している人が目に付く。

 

ベニスビーチはパフォーマンス天国。芸を披露している人や、自分の芸術作品を並べて売る人、露店、それらを目当てで来た人たちで混み合う。小さなカワイイお店、チョット不思議なお店などがひしめき合っているので、ゆっくり見てみると意外と良い掘り出し物に出会えるかも知れない。食べ物も沢山あり、カフェ系のレストランからテイクアウト専用のピザやホットドッグまでバラエティに富む。テイクアウトして海辺のベンチ、もしくは芝でよい景色をみながら食べるのもとても気持ちがいい。しかし、気がつくとカモメや鳩に囲まれることがあるので十分に注意したい。



(10:56)

2005年02月26日

【食べ物】

 

私のアメリカ生活もそろそろ落ち着いてくる時期に入った。LAX空港に下りてから3ヶ月が過ぎた。そろそろ、日本の味が恋しくなる頃・・と思うが意外とそうでもなかった。

学生のとき、コネチカット州というところに短期留学に行ったことがあるが、そこでは本当に日本食が置いてなく、非常に恋しい思いをした。が、さすがカリフォルニア。『移民の州』と言われるだけあって、世界各国の料理が楽しめる。日本食も非常にポピュラーで、街のいたるところで『sushi』の文字が踊る。ヘルシーブームの波に上手く乗ってるな、日本食。

 usa050225-y

牛丼で有名な吉野家。日本では狂牛病によってアメリカ牛肉を使った牛丼をほとんど見かけなかったが、ここアメリカの『Yoshinoya』の牛丼は勿論アメリカ牛肉使用。一度食べたが結構おいしかった。しかし、量が半端ではなく多い。しかも、肉と玉ねぎ、ご飯の割合がやっぱりおかしい。玉ねぎが入っていることはいるがほとんど見あたらない。この時だけの偶然だったのだろうか?そして、肉の量の多いこと多いこと!!掘っても掘ってもご飯までたどり着かない。日本の牛丼は『もう少しお肉が入ってると嬉しい』と思っていたが、やはりあのバランスが絶妙のところなのか?

 usa050225-p

知っている方も多いかもしれない。ここはロスで一番有名なホットドッグのお店『PINK'S』。

毎日毎日行列が絶えない。本当に絶えない。毎日前を通るが、毎日人が集っている。空腹の時に前を通過するのは結構辛い。日本の焼き鳥屋やうなぎ屋がわざと匂いを出して客を引き寄せる手があるが、全くそのとおり。非常に魅力的な匂いがする。しかし、まだその味を試したことがない。食べた友人達の評価は色々だが、次回は是非味わってその評価を下したいと思う。

日本食がなくても、十分生きていける・・。梅酒を飲みながらそんなことを考えた。



(03:31)

2005年02月09日

usa050209_2アメリカに来てからもうすぐ3ヶ月になる。自分の身の回りを固めるのもだいぶ落ち着いてきたころだ。そんな時、学校の人にファーマーズマーケットの話を聞いた。ロスでは毎週決まった曜日、決まった時間にファーマーズマーケットがあちらこちらで開催される。・・知らなかった。とうわけで、さっそく学校の近くのファーマーズマーケットに向かってみた。

 

 

usa050209_4

『わー、びっくり!』というほど大規模なものではないが、野菜や果物、花や雑貨まで様々な露天が軒を連ねる。高層ビルが立ち並ぶオフィス街にこの露天街。なんとも不釣合いのようだが人は結構いた。

 

 

 

 

usa050209_1旅行者とういよりも、オフィスワーカーやローカルの人が多かった。結構ロスの人達の生活観が垣間見れる場所なのかも知れないな、ここ。勿論食べ物の屋台も出ており、ホットドッグのソーセージ(ご丁寧にベーコンまで巻いてある)がモクモクと煙をたてて客を引き寄せる。気軽にお店の人とのやり取りも弾む。・・・結構楽しいな。      
 
 
 
usa050209_3他のファーマーズマーケット巡りもしてみようかな。その場所の特徴が反映されてて、また違った露天が楽しめそうだ。


(00:00)

2005年01月20日

今回は、とっても素敵な街、ビバリーヒルズをご案内いたします。
ビバリーヒルズといえば、ハリウッドスターたちが集う高級住宅街、
そしてブランドショップが連なるショッピングストリート。
とはいっても、それほどお金を持っていなくても、散策するだけで
一日中楽しめるのです!
 
usa050119_1
 ウィルシャーブルバード
ティファニーが顔にもなっている銀行や高級デパートが立ち並ぶ大通り。
これらのブティックやデパートは、超高級な洋服、バッグ、靴がとっても広いスペースに、「ところ狭し」ではなく、閑散ときれいにならんでいます。お値段チェックだけでも結構楽しい。 
 
 
 
 
 
usa050119_2同じくウィルシャーブルバードに面しているThe Regent Beverly Wilshireホテル。あの有名な映画プリティーウーマンの舞台としても名高い観光名所となっています。ラウンジでくつろげば、ジュリアロバーツ気分?
 
 
 
 
 
usa011905_4ビバリーヒルズには、このような外にテラスがあるカフェがたくさん見られます。一年中、気候も良いので、友達と話すのも、本や雑誌を読みながらくつろぐのも快適。セレブ気分のひと時をのんびりと楽しめます。

 

  

usa050119_5ショッピング街を抜けると高級住宅地の入り口。スター宅マップを手に入れて見学するツアーも人気。しかし、超ビッグスターになると、ものすごく警備が厳しいため近寄ることはできません。ちなみにトムクルーズ宅は、岡の頂上にそびえるお城のような家。下から遥かかなたに見ることはできてもどこが門なのかまったくわかりません。

  

usa050119_6嫌になるくらい高級車だらけのビバリーヒルズ。ついつい、これ一台で、自分の車が何台買えるのやら。。。下手したら家も買えるのでは???などついセコイことを考えてしまいます。他ではめったに見ないスーパーカーまで頻繁に目にするのはやはりビバリーヒルズならでは。

 

 

まだまだ、お伝えしたいことはやまほどあります!

次回第二弾、乞うご期待!

 

 



(12:29)