カナダ

2005年08月19日

can050817_17月初旬に、バンクーバーから車で約1時間半のところにあるハリソンホットスプリングへ行ってきました。ハリソンといえばその名の通りホットスプリング(温泉)で有名ですが、今回はその湖畔で開催されていたマーケットと、砂の彫刻展示に行きましたのでご紹介します。

まずは、←こちらがハリソンホットスプリングの湖です。写真ではわかりにくいですが、とってもいい天気で湖もピカピカと光っていました!               

下の写真が、湖畔でのマーケットの始まりです。まず、最初に私の心を釘付けにしたのがこちら↓

can050817_2ただのワイヤーで作られた髪留めなのですが、ポニーテールの周りに付けてみるとかわいい!!$20でお買い上げしてしまいました。この写真はお店の人がお客さんに使用見本としてやってあげているのを激撮しましcan050817_3た。

ちなみに、この手前の女性の左手にしているのも同様の品です。一応、ブレスレットとしても使えます!とのことです。

 

日本では、街中でマッサージチェアに座ってマッサージを受けるなんて!と思いがちですが・・・  カナダでは恥ずかしくないんですね〜。下記マッサージ中の図です。その横には、カナダ人は大好き!なアロマセラピーグッズ店と、アート性が光る石を使った芸術作品です。お庭の踏み石にするのでしょうかcan050817_5・・・・

      can050817_4      can050817_6

 

 

 

 

隣の写真は、こちらもカナダ人が興味をもつアジアンテイストの漢字タトゥです。can050817_7

ときどき街中で、おかしなタトゥ”愚”などを彫ってしまっている人も 見かけます。一体彼らは、どういう意味だと思って”愚”をいれているのでしょうか・・・

そして私のこころを引いたのはこちら!インド出身のHENNA(へナ)です。へナという草(?)を原料にしています。テンポラリータトゥとも言われ、約2週間ほどもちます。写真は、腕にやってもらったときの                        ものです。右下の写真とのクオリティの差がわかりますか? can050817_8 

can050817_9

 

白人の若いお姉さんがやっているお店でうきうきとへナを入れてもらったら、その後本場インド人主催の店               発見!とき既におそし・・・がっくり

 

can050817_10can050817_12

写真が横になってしまいましたが・・・この木彫り!すばらしいではないですか。芸は身を助く・・・・手に職がある人はいいですねえ!

 

 

マーケットを過ぎると・・・砂の彫刻展が・・・can050817_13

←の彫刻に魅せられて・・$5払って入ってみました!

中に入ると、なんと!毎年ハリソンで行われる砂の彫刻コンテストの参加者が!(Tシャツ見て下さい!!)ここで、長靴を履いた猫の彫刻してました。おじさんが猫を彫っている姿はちょっと意外でした。can050817_13

can050817_14

 

 

 

 

can050817_15

can050817_16

can050817_17

 

 

 

 

can050817_18そして、各彫刻の横には、右上の写真のように説明書きがあります。  今回のテーマは、”童話”らしく、ヘンゼルとグレーテルを始め、長靴を履いた猫、シンデレラ、白雪姫、など・・・一度童話を読んだことのある人なら見てるだけでも楽しい彫刻の数々でした。

 



(08:31)

can050817_17月初旬に、バンクーバーから車で約1時間半のところにあるハリソンホットスプリングへ行ってきました。ハリソンといえばその名の通りホットスプリング(温泉)で有名ですが、今回はその湖畔で開催されていたマーケットと、砂の彫刻展示に行きましたのでご紹介します。

まずは、←こちらがハリソンホットスプリングの湖です。写真ではわかりにくいですが、とってもいい天気で湖もピカピカと光っていました!               

下の写真が、湖畔でのマーケットの始まりです。まず、最初に私の心を釘付けにしたのがこちら↓

can050817_2ただのワイヤーで作られた髪留めなのですが、ポニーテールの周りに付けてみるとかわいい!!$20でお買い上げしてしまいました。この写真はお店の人がお客さんに使用見本としてやってあげているのを激撮しましcan050817_3た。

ちなみに、この手前の女性の左手にしているのも同様の品です。一応、ブレスレットとしても使えます!とのことです。

 

日本では、街中でマッサージチェアに座ってマッサージを受けるなんて!と思いがちですが・・・  カナダでは恥ずかしくないんですね〜。下記マッサージ中の図です。その横には、カナダ人は大好き!なアロマセラピーグッズ店と、アート性が光る石を使った芸術作品です。お庭の踏み石にするのでしょうかcan050817_5・・・・

      can050817_4      can050817_6

 

 

 

 

隣の写真は、こちらもカナダ人が興味をもつアジアンテイストの漢字タトゥです。can050817_7

ときどき街中で、おかしなタトゥ”愚”などを彫ってしまっている人も 見かけます。一体彼らは、どういう意味だと思って”愚”をいれているのでしょうか・・・

そして私のこころを引いたのはこちら!インド出身のHENNA(へナ)です。へナという草(?)を原料にしています。テンポラリータトゥとも言われ、約2週間ほどもちます。写真は、腕にやってもらったときの                        ものです。右下の写真とのクオリティの差がわかりますか? can050817_8 

can050817_9

 

白人の若いお姉さんがやっているお店でうきうきとへナを入れてもらったら、その後本場インド人主催の店               発見!とき既におそし・・・がっくり

 

can050817_10can050817_12

写真が横になってしまいましたが・・・この木彫り!すばらしいではないですか。芸は身を助く・・・・手に職がある人はいいですねえ!

 

 

マーケットを過ぎると・・・砂の彫刻展が・・・can050817_13

←の彫刻に魅せられて・・$5払って入ってみました!

中に入ると、なんと!毎年ハリソンで行われる砂の彫刻コンテストの参加者が!(Tシャツ見て下さい!!)ここで、長靴を履いた猫の彫刻してました。おじさんが猫を彫っている姿はちょっと意外でした。can050817_13

can050817_14

 

 

 

 

can050817_15

can050817_16

can050817_17

 

 

 

 

can050817_18そして、各彫刻の横には、右上の写真のように説明書きがあります。  今回のテーマは、”童話”らしく、ヘンゼルとグレーテルを始め、長靴を履いた猫、シンデレラ、白雪姫、など・・・一度童話を読んだことのある人なら見てるだけでも楽しい彫刻の数々でした。

 



(08:31)

2005年07月22日

4人に1人は犬を飼っているというバンクーバー。実は私も犬を飼っています

と言うことで本日はペットを飼っていないと分らないカナダペット事情をcan050503_17お伝えしてみたいと思います

バンクーバーはダウンタウン(街の中心地)が海に囲まれており、海岸沿いもきれいに整備されているのでそこは絶好のお散歩ポイント!犬を飼っている人が多いのも頷けますね

もちろん、ペットが多いと言うことはペットグッズを売っている店も多く、親ばかの私としては見逃せません(^▽^笑)

 

can050503_14まずはこんなサークル

犬の足型がデザインされたかわいいサークルです。これは7面くらいに分かれていて自由にスペースを狭くしたり、広くしたり出来ます。

一人でお留守番をするときはあまり自由に動き回れないようにサークルに入れておきます。

can050503_15Treat(トリート)

犬のおやつみたいなものです。ご褒美として与えたりもします。

これは最近の私のお気に入りですこのTreatは生タイプで小さく切れています。          

                can050503_19お出かけの時はこのTreat Bagに入れて行きます。(青いものがTreat Bag、横をつまめば底が開き、Treatが取り出せるようになっています。

フックも付いているので自分のジーンズのベルトループにつけていつでもTreatを取り出しやすいように出来ます

 

can050503_16can050503_17ハーネス&リード

日本にもこんなファンシー&犬に優しいハーネスがあるのでしょうか・・・?

通常のハーネスは犬の首を絞めてしまうものが多く、ワンちゃんにとってはあまり快適なものではないものも多いようです。

このハーネスは両足に通すタイプなので暴れても首を絞めたりすることがなく、犬に優しい&かわいいんです

最近では日本でも犬ブームですよね?ネットなどを見ていても海外からの輸入物もとても多くなっているように思えます。お土産として海外のペット用品はいかがでしょうか〜



(01:33)

2005年06月11日

 

can050610_1

 

 

今年も8月に開催予定のアボッツフォード・

インターナショナル・エアショー

飛行機ファン必見の航空ショーです。

 

    can050610_2

 

 アボッツフォードはバンクーバーから車で約1時間のところに位置し、空港が開催地となります。

 

   can050610_4 can050610_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカからも最新の戦闘機が展示され、

実際に操縦席に座ることもできるものまであります。

 

 

     can050610_5

 

 

スノーバードと呼ばれる、アクロバット飛行の小型飛行機は、飛行機とは思えない正確な飛行と迫力でスリル満点。

 

 

炎天下での開催となりますので、

日焼け止め、サングラス、帽子、ビーチチェアもあると準備万端です。



(05:51)

2005年05月21日

1e2198e3.JPG
今日はバンクーバーで、超噂のパスタやさんにいってきました。ここのパスタ屋さんは‘アントンズ`といってバンクーバーからくるまで15分バスで25分のところにある隣町バーナビーという市にある。観光客の人は残念だけど知らな〜い。地元の人には、超有名で、4時のディナータイムには、かなり,なが〜〜〜〜〜い列が出来る。
 
 
 
 
 

lineup私とカナダ人の友人Sさんと、弟のPさんは大皿パスタを食べたご褒美のT_シャツゲットに挑戦!!!お店のディナータイムの開店時間4時にあわせて3時45分に到着。私たちが1番のりと思ったけど甘かった。モーすでにたくさんの人が並んでいました。待つこと15分、お店が開いて列が動き出した。

lineup2前列の人たちがどんどんお店の中に入っていく。次は私たちの番。が〜〜〜んなんと私たちの目のまえで扉が閉まってしまった。お店は満席!さらに待つこと40分!列は3ブロックくらいのながさ。でも私たちが1番まえだもんね。

 

nakaなかにはいって待つことさらに15分。やーっ賭せきにとおされた。

 

 

 サーモンパスタ

Sさんはシーフードパスタ、カレーソースを注文。弟Pさんはスモークサーモン*クリームソース。

ちなみに両方とも$14.50

 

アボガドパスタ私が注文したアボガドとシュリンプのパスタ。

モーすごい量ですがんばるぞ

 

 

これがパスタ2皿全部食べきってもらえる

t−シャツ

のT

ちなみに私は1/3も食べられませんでした。

 

一緒にいったカナダ人のSサンは半分食べきり、弟のPさんは、なんと一皿全部たいらげてアントンズ特製ボールペンをゲット2皿は食べきれずにt−シャツゲットは無理だったけど、うらやましい限り私も次がんバリます



(02:13)