2005年08月19日

can050817_17月初旬に、バンクーバーから車で約1時間半のところにあるハリソンホットスプリングへ行ってきました。ハリソンといえばその名の通りホットスプリング(温泉)で有名ですが、今回はその湖畔で開催されていたマーケットと、砂の彫刻展示に行きましたのでご紹介します。

まずは、←こちらがハリソンホットスプリングの湖です。写真ではわかりにくいですが、とってもいい天気で湖もピカピカと光っていました!               

下の写真が、湖畔でのマーケットの始まりです。まず、最初に私の心を釘付けにしたのがこちら↓

can050817_2ただのワイヤーで作られた髪留めなのですが、ポニーテールの周りに付けてみるとかわいい!!$20でお買い上げしてしまいました。この写真はお店の人がお客さんに使用見本としてやってあげているのを激撮しましcan050817_3た。

ちなみに、この手前の女性の左手にしているのも同様の品です。一応、ブレスレットとしても使えます!とのことです。

 

日本では、街中でマッサージチェアに座ってマッサージを受けるなんて!と思いがちですが・・・  カナダでは恥ずかしくないんですね〜。下記マッサージ中の図です。その横には、カナダ人は大好き!なアロマセラピーグッズ店と、アート性が光る石を使った芸術作品です。お庭の踏み石にするのでしょうかcan050817_5・・・・

      can050817_4      can050817_6

 

 

 

 

隣の写真は、こちらもカナダ人が興味をもつアジアンテイストの漢字タトゥです。can050817_7

ときどき街中で、おかしなタトゥ”愚”などを彫ってしまっている人も 見かけます。一体彼らは、どういう意味だと思って”愚”をいれているのでしょうか・・・

そして私のこころを引いたのはこちら!インド出身のHENNA(へナ)です。へナという草(?)を原料にしています。テンポラリータトゥとも言われ、約2週間ほどもちます。写真は、腕にやってもらったときの                        ものです。右下の写真とのクオリティの差がわかりますか? can050817_8 

can050817_9

 

白人の若いお姉さんがやっているお店でうきうきとへナを入れてもらったら、その後本場インド人主催の店               発見!とき既におそし・・・がっくり

 

can050817_10can050817_12

写真が横になってしまいましたが・・・この木彫り!すばらしいではないですか。芸は身を助く・・・・手に職がある人はいいですねえ!

 

 

マーケットを過ぎると・・・砂の彫刻展が・・・can050817_13

←の彫刻に魅せられて・・$5払って入ってみました!

中に入ると、なんと!毎年ハリソンで行われる砂の彫刻コンテストの参加者が!(Tシャツ見て下さい!!)ここで、長靴を履いた猫の彫刻してました。おじさんが猫を彫っている姿はちょっと意外でした。can050817_13

can050817_14

 

 

 

 

can050817_15

can050817_16

can050817_17

 

 

 

 

can050817_18そして、各彫刻の横には、右上の写真のように説明書きがあります。  今回のテーマは、”童話”らしく、ヘンゼルとグレーテルを始め、長靴を履いた猫、シンデレラ、白雪姫、など・・・一度童話を読んだことのある人なら見てるだけでも楽しい彫刻の数々でした。

 



(08:31)

トラックバックURL