2005年06月22日

usa062205-3usa062205-2私は日本にいる時、サッカーが大好きな人間だった。アメリカでサッカーはあまりメジャーではないことを知っていたので、当分の間お預けだな・・と諦めていた。しかし!!6月8日に生のサッカーが体験できた!横浜マリノスが海外遠征でここ、ロスに来ることをキャッチ。アメリカの地で見るサッカーはどんなものだろうと期待を胸にスタジアムへと向かった。
 
usa062205-4スタジアムはトーランスという日本人が多いエリアにあった。話を聞くと2年ぐらい前に出来たらしく、非常に新しく、キレイだった。飲食店もスタジアムを囲むように沢山あり、『食の国アメリカ』でのサッカーを印象付けた。
 
対戦相手は地元ロスの『ギャラクシー』というチusa062205-1ーム。日本と比べるとだいぶ規模は小さいがサポーターもいた。フィールドと観客席が非常に近くて選手達の息使いやボールの蹴る音が身近に感じることができ、あっという間の90分だった。ハーフタイムには地元の少年サッカーチームの試合があったり、柔道を披露してくれたりと、私が知っている『サッカー観戦』とはまたチョッと違っusa062205-5たが、これはこれで面白かった。
 
アメリカでももっとサッカーがメジャーになればいいのに・・と、スペイン語で何を話しているか全く分からないチャンネルのサッカーの試合模様を見ていつもそう思うのであった。


(14:10)

トラックバックURL