2005年06月17日

大改造!! 
NZ流 劇的ビフォアーアフター(前編)
 
 
 
日本では、ちょっと前までリフォームテレビがたくさんありましたよね。
(今もでしょうか??)
 
そこで!
今回は、New Zealand流なリフォーム術を紹介します。
それも、おうちではなく「バス」です。
 
 chc050617
そのバスと言うのも、日本から輸入してきたマイクロバス。 
これがなんと、
キャンパーバン(キャンピングカー)
になっちゃいます。
 
 
側面には日本語で「割烹○○」と書いてありますよ
分かりますか?
 
 
KIWI(NZ人)は、リサイクルがとってもサカン!
ものを大事にして、壊れても修理して使っています。
 
 
NZでは、日本でいらなくなったバスや車がたくさん輸入されてきます。
信じられないかもしれませんが、上の写真のように側面や後ろに日本語が
書いてあるようなバスがたくさん走ってますよ。
なんだか面白いです。
 
 
よく日本語で、
 
「バックします〜ピピーピピー」
 
なんていってるバスもあります。
 
そのバスが、大体3000ドル〜10000ドル⇒24万円〜(もちろんそれ
以上もありますが・・)くらいで売っているようです。
もちろん、それをそのまま買って乗っていたりもしていますが、それを
改造してキャンパーバンにしてNZを旅行しているKIWI(NZ人)をたまに見かけます。
 
 
 
 
chc050617-2 
今回紹介するのは、まだ途中ではありますが、
上のバスがこのようになります。 
 
*ちょっと見づらいのですが・・バスの座席を全部なくし、
Jhonさんの後ろがシャワールーム、右手がコンロや棚、
置くがベッドルームになります。
 
 
ちなみに、NZキャンパーバンで旅行するのは特別なことではありません。
国道などに出るとよく走っています。
所々で、水を補給できるところもありますし、汚物を処分するところもあります。
電気を充電するところもありますよ。
 
 
余談ですが、、、
 
chc050617-4
 
 
みなさん、アルパカって知ってますか?
瞳がとってもキュートなんです。
吸い込まれます。そして人懐っこい。
 
 
 
 
chc050617-5
 
いろんなものに興味深々で人にも寄ってきます。
ちなみに、Jhonさんはアルパカたちのなにやら
お話してました・・
 
 
 
 
 

chc050617-3 

このがホントかわいいのです

いや〜、やっぱ癒されますね

 

 

まあ、ちょっと話はずれましたが、NZ流のバスのリフォーム前編どうでしたか?

また後編はバスのリフォーム完成後にお伝えしますね。

 

ぜひとも、こんなリフォームバスでラウンド(旅行)しにNZに来て見てはいかが??



(13:34)

トラックバックURL