2005年07月

2005年07月28日


パース市内から歩くこと5分のところにパース・ジェティー・フェリー乗り場があり、そこからサウスパースやフリーマントル、ロットネスト島に行くフェリーなどが出ています。

市内を走る無料バスBlue Cat・19番で降りればすぐ目の前がパースジェティー。


 pe280705-2

 今回ご紹介する「Annalakshmi」はパースジェティー内にあるベジタリアン・カレーショップ。

食べ放題の上、なんと値段設定がなく「自分が思う金額を置いていってください」と書いてある変わったレストランだ。会員様の間では「お気持ちカレー」と呼ばれ一度は行ってみる価値あり!

 

 

 

カレーは4種類(日によってメニューが替わる)、ライスは2種類あり、ナンが枚付いてくる。その他、嬉しいことにデザートや飲み物もある。

ベジタリアンメニューなのでとてもヘルシー!

ランチ  火〜金、日 12:00〜14:00

ディナー 火〜日 18:30〜21:00

 pe280705-3

 pe280705-4

pe280705-5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

パースジェテイーで一際目立つのがこのベルタワー

1725年に作られた12個のベルは、元々はロンドンにあるSt Martin教会にあったものだそうです。1988年にCity of Londonより贈呈され、その記念にベルタワーがパースジェティーに作られたそうです。

入場料が通常$6ですが、毎月第一火曜日は無料でベルタワーに入場することがでる。

 

pe280705-1


(18:07)

2005年07月25日

冬のオークランドは雨が多いです

しかし、昨日は久しぶりに朝から晴天

目的も無く南の方へ車を走らせていたら、途中でかわいいウサギの看板を発見

何をしているのか興味津々で入ってみると、羊の毛刈りショーではなく、アンゴラウサギの毛刈りをしていました。

 

akl050725_1 ←さわり心地最高

とてもやわらかい毛で抱きしめたくなりました

 

 

 

akl050725_2

 

←手と足を縛られて、、、

 

 

 

 

 

akl050725_3

 

←おばちゃんに気持ちよさそうに毛を刈られています。

 

 

akl050725_4

 

←毛刈りの途中で触ってみました。

 

 

手、足を縛られて毛刈りをされている姿はなんだか可愛そうに見えますよね?! 

しかし毛を定期的に刈らないと、ストレスが溜まってうさぎが死んでしまうそうです。

刈った毛は肌触り、保温性にすぐれた最高級のセーターになります

ニュージーランドの冬対策に一枚どうぞ



(15:45)

2005年07月22日

4人に1人は犬を飼っているというバンクーバー。実は私も犬を飼っています

と言うことで本日はペットを飼っていないと分らないカナダペット事情をcan050503_17お伝えしてみたいと思います

バンクーバーはダウンタウン(街の中心地)が海に囲まれており、海岸沿いもきれいに整備されているのでそこは絶好のお散歩ポイント!犬を飼っている人が多いのも頷けますね

もちろん、ペットが多いと言うことはペットグッズを売っている店も多く、親ばかの私としては見逃せません(^▽^笑)

 

can050503_14まずはこんなサークル

犬の足型がデザインされたかわいいサークルです。これは7面くらいに分かれていて自由にスペースを狭くしたり、広くしたり出来ます。

一人でお留守番をするときはあまり自由に動き回れないようにサークルに入れておきます。

can050503_15Treat(トリート)

犬のおやつみたいなものです。ご褒美として与えたりもします。

これは最近の私のお気に入りですこのTreatは生タイプで小さく切れています。          

                can050503_19お出かけの時はこのTreat Bagに入れて行きます。(青いものがTreat Bag、横をつまめば底が開き、Treatが取り出せるようになっています。

フックも付いているので自分のジーンズのベルトループにつけていつでもTreatを取り出しやすいように出来ます

 

can050503_16can050503_17ハーネス&リード

日本にもこんなファンシー&犬に優しいハーネスがあるのでしょうか・・・?

通常のハーネスは犬の首を絞めてしまうものが多く、ワンちゃんにとってはあまり快適なものではないものも多いようです。

このハーネスは両足に通すタイプなので暴れても首を絞めたりすることがなく、犬に優しい&かわいいんです

最近では日本でも犬ブームですよね?ネットなどを見ていても海外からの輸入物もとても多くなっているように思えます。お土産として海外のペット用品はいかがでしょうか〜



(01:33)

2005年07月19日

syd050719-4

 

シドニーはオーストラリア最大の都市でありながら、市内から車を少し走らせると、雄大な自然と出会う事ができます。

 

今回行ってきたのは、シドニーから南へ1時間半ほどの小さな町「Kiama」です。

 

この町の見所は、Blowholeと呼ばれる潮吹き穴です。

 

 

 

 

 syd050719-1

 

 

 海沿いにある入り組んだ岩の間に波が勢いよく入り込むと、ぽっかり開いた穴から潮が吹き上げます。

 

満潮時には5mほどの高さまで吹き上げるとのことです。

 

5分ほど待つと「ぷしゅ」と、小さなくしゃみ程度のものを見ることができました。

 

 

 

 

 

syd050719-2

 

もしかしたら夕方から潮が満ちてくるのでは、ということで、少し町を散策してみることにしました。

 

Kiamaは古い建物が数多く残る美しい海岸沿いの町です。

 

 

syd050719-3

 

 

夕方になってから、再度潮吹き穴の前で辛抱強く待ち続けること約15分、波の音がゴゴゴと響き、快心の一発を吹き上げてくれました。

 

遠くの夕焼けの空には虹が現れ、オーストラリアの大自然を肌で感じた1日でした。



(11:15)

2005年07月18日

usa180705-2アメリカで生活するにおいて、食料品の調達は私の楽しみの一つでもある。アメリカ特有の大型スーパーマーケットが各地に点在する。1パックの量もサイズも大型なら、カートまで大型。一人暮らしの私には少々難がある。私の『冷凍技術』はここアメリカで開花したと言っても過言ではないかもしれない。
毎週、大型スーパーマーケットのチラシがポストに投函される。その週の目玉商品やお買い得商品が載っている。中には驚くべき値段のものもあるので、日ごろからどの商品がどれぐらいの値段で売られているのか把usa180705-4握する必要があるかもしれない。チラシを見ていると『with club  card』などと書かれている。つまり、メンバーズカードを提示してこの価格、というわけだ。つまり、カードを所持していないと、買えなくはないが高いのだ。
しかし、心配ご無用。すぐに誰でも入会することができる。しかも入会費等の費用は一切なし。つまりタダ。キャッシャー付近に入会申し込み書がある場合がほとんどなので、それに名前や住所など簡単な情報を記載し、キャッシャーに渡すだけ。その場で新しいカードをくれる。このカードは全米のそのスーパーマーケットで利用できる。アメリカで生活するなら絶対に必需品である
usa180705-3usa180705-1

(12:16)