2005年05月

2005年05月24日

パースの東、約40km。

パース中心地から車で30分の距離に位置するワイナリー、

スワンバレーは西オーストラリア州でもっとも古いワインの産地。

pe240505-1

 

なだらかな起伏の続く丘陵地帯には延々と続くブドウ畑が続き、のどかな風景の中には現在、大小約50件ものワイナリーが点在する。

 

 

JANE BROOK

pe240505-3

素朴な雰囲気のセラーでは、ワインの試飲と販売のために毎日オープンしています。

レストランではグルメ・プラッター、特製ブレンドのコーヒーとケーキで優雅に。

 

 pe240505-2               

最高級のテーブルワインを造ることを追求したジェーンブルックはオーナーのディビッドとべヴァリーが築き、現在は子息のエリザベスとベンジャミンに受け継がれた30年以上の歴史を持つワイナリー。

 

 

 

L A M O N T

pe240505-6

pe24050505-7

 

 

 

 

ワイナリーのほとんどがワインのテイスティング、直接販売をしており、レストランが併設されているものも多い。ワインに合ったワイン・プラッターがおすすめ

 

 

 

 

 

UPPER REACH 

 

pe240505-10pe240505-4

 

 

 

 

pe240505-5BREAMという鯛の種類のサカナをモチーフにしたアッパーリーチ

大きくはないが、母の日などのイベント日には2週間前でランチの予約はいっぱいだという。

 

LITTLE RIVER

           pe24050505-8                                                                           

家庭的な雰囲気をもつリトルリバー

小さいながらレストランとセラーがある。オーストラリアには珍しく、ヨーロッパからの品種をもつワイナリー。

 

 

BLACK SWAN

pe240505-9 西オーストラリア州を代表する鳥、ブラックスワンをモチーフにしたワイナリー。

レストランのスペースが広い。VINE YARD(ブドウ畑)を見下ろすテラス席も有る。

 

 

 

運転を気にせずに存分に飲みたいなら、スワンリバークルーズが1番のおすすめ。

また、自分の気に入ったワイナリーをハシゴしたいならレンタカーかバス

電車を利用する場合はミッドランドからタクシー又はバス。

 

 



(16:28)

2005年05月21日

1e2198e3.JPG
今日はバンクーバーで、超噂のパスタやさんにいってきました。ここのパスタ屋さんは‘アントンズ`といってバンクーバーからくるまで15分バスで25分のところにある隣町バーナビーという市にある。観光客の人は残念だけど知らな〜い。地元の人には、超有名で、4時のディナータイムには、かなり,なが〜〜〜〜〜い列が出来る。
 
 
 
 
 

lineup私とカナダ人の友人Sさんと、弟のPさんは大皿パスタを食べたご褒美のT_シャツゲットに挑戦!!!お店のディナータイムの開店時間4時にあわせて3時45分に到着。私たちが1番のりと思ったけど甘かった。モーすでにたくさんの人が並んでいました。待つこと15分、お店が開いて列が動き出した。

lineup2前列の人たちがどんどんお店の中に入っていく。次は私たちの番。が〜〜〜んなんと私たちの目のまえで扉が閉まってしまった。お店は満席!さらに待つこと40分!列は3ブロックくらいのながさ。でも私たちが1番まえだもんね。

 

nakaなかにはいって待つことさらに15分。やーっ賭せきにとおされた。

 

 

 サーモンパスタ

Sさんはシーフードパスタ、カレーソースを注文。弟Pさんはスモークサーモン*クリームソース。

ちなみに両方とも$14.50

 

アボガドパスタ私が注文したアボガドとシュリンプのパスタ。

モーすごい量ですがんばるぞ

 

 

これがパスタ2皿全部食べきってもらえる

t−シャツ

のT

ちなみに私は1/3も食べられませんでした。

 

一緒にいったカナダ人のSサンは半分食べきり、弟のPさんは、なんと一皿全部たいらげてアントンズ特製ボールペンをゲット2皿は食べきれずにt−シャツゲットは無理だったけど、うらやましい限り私も次がんバリます



(02:13)

2005年05月20日

ついこの前日本へ数日間行ってきた。
日本ですごく感じたのは、デパートやレストランでの少々過剰と
思われる位のサービス。
とても気が利いていて良いナァと感じる時が殆どだが
たまに表面的すぎるのでは・・・・と思う時もある。
 
ここオーストラリアではこれまた正反対で、もっとしっかり
サービスしてよ〜〜と思う時が多々あるが、皆とても自然体で
仕事をしているので仮面の部分が感じられない。
 
ときたまレストランではウエイトレスが客と痴話話で盛り上がっている
時もあれば、デパートでふと入った店で店員に
『あなたのもっているバックかわいいー。どこで買ったの?
などど本当に気軽に客と接しているのです。
 
これはToo muchではダメですが、とても自然体で良いのでは
ないでしょうか。
 
 
 
 


(14:28)

2005年05月16日

syd050516-10

粘土状のシルバークレイで作る、シルバージュエリーの体験講座に挑戦きました。世界にひとつしかない自分だけのアクセサリーに感動です

お世話になったM's floral studioのMasano先生(真ん中)。有難うございました

syd050516-02

まずは、お手本の中から作りたいデザインを選びます。

いきなり本番は危険なので、普通の粘土で練習の後、いよいよシルバークレイでの作業に取り掛かります

syd050516-03

syd050516-04

 

 

 

 

粘土より固めのシルバークレイに水をつけてもむと柔らかくなってくるので、すかさず伸ばして形を整えます。のんびりしているとひび割れてしまうので、スピードが命です。曲げるときや、割れてしまったところは水をつけて優しくマッサージ

形が整ったところで、ドライヤーを使い20分くらい乾燥させます。

syd050516-05

ある程度硬くなったこの状態で、棒状のやすりでさらに形を整えます。

まだ落としたりしたら割れてしまうので、慎重に作業を続けます。

 

そしていよいよ電気炉で焼きにかかります。800度約5分。あっという間に焼きあがります。ここまでくると、もう割れてしまう事はないそうです。焼きたてのシルバーは白くてびっくり

 syd050516-06syd050516-07

 

 

 

 これをステンレスブラシでがりがり削ると、銀肌が現れます。

さらに3種類のサンドパットを使いさらに磨き上げていきます。そして仕上げにシルバークロスでつやつやに仕上げまーす

ついに完成感謝感激でございます

syd050516-08syd050516-09

 

 

 

 

syd050516-11

所要時間約2時間半。体験講座は材料費込みで$75でした。

他にも押し花講座、ウエディングプランナー講座などもあります。

ダイレクターのMorookaさん(左)もありがとうございました

 



(10:42)

2005年05月13日

usa050513      日本のあちらこちらで見かける100円ショップ。100円なのに結構使えるものが多いので、日本でよく利用していた。アメリカにも同じようなショップが存在した。『99セントショップ』。その名の通り、99セント均一のお店だ。店内も結構広く、見て回るのが疲れる店舗もある。置いてあるものは日本とほぼ同じようなものになるが、圧倒的に食品が多いと思う。
 
usa050513usa050513日本の100円ショップにも食品が置いてあるが、広い面積ではなかったように思う。こっちの99セントショップは食品がかなりの範囲を占める。99セントでかなり大きいお菓子袋がかえたり、野菜やパン、ソーセージまで買えてしまう。チョットしたスーパーだ。ローカルのスーパーに行けば実はもっと安かったりもするのだが、99セントでこの品揃えは、はじめは非常に驚いた。
 
usa050513usa050513実は、日本の100円ショップの品物が売ってるお店もこっちにはある。100円の商品だが、『輸入品』なので、1ドル50セントと少々割高で売られてusa050513usa050513いる。でも、100円前後の商品でもやっぱり質は日本かな・・と思う。


(00:00)