2005年03月

2005年03月30日

オーストラリア広しといえど、ここまで市民に役立つシステムが発達しているのはここパースだけ。
今回は「世界で一番住みたい街パース」と言われる理由の一つに入る(?)であろう、CATバスをとりあげてみました。
 
パース市内の中心を走る無料のシャトルバス、CAT(The Central Area transit) は市民の重要な足。便数が多く、市内中心部を絶えず循環している。またドアのステップが低く設けられていて車椅子やベビーカーの乗り降りも楽にできるよう配慮がされている。
 
 

per0331-1 シルバーの車体にはネコの絵が描かれており、現在市内ではRed,Blue,Yellowのほか、フリーマントルを走るOrangeの4種類に色分けされている。

この4種類のバスはルートが決まっており誰でも無料で乗車ができる。

    ↑

こちらがRed

赤い色のレッドキャットは東西を走るルート。街の中心地を縫うように市の東西を走り、アウトレット、ハーバータウン付近のウエストパースまで走っている。

per0330-3               

 ←こちらはREDのバス停

 

                                

per0330-4 *BLUE 青のブルーキャットはパース駅を中心にノースブリッジや、バスポート、キングスパークの下を通る市内を南北に走るライン。

 

 

*YELLOW 

黄色のイエローキャットはバスステーション、パース駅を抜け、ウェリントンストリートを中心に市内の東側を走る比較的新しいキャットバス。

*ORANGE

フリーマントルを走るオレンジキャットはフリーマントル駅からフリーマントルパークを回り、別名カプチーノ通りと呼ばれるメインストリートのマーケットストリート、エスプラネードなど広い地域を移動できる。

“Do you know?”

CATバスは宮崎駿さん監督の日本アニメーション映画「となりのトトロ」に出てきた「猫バス」のモデルとされたらしい。

*TRANSPERTH

パースにはもう一つ親切なシステムがある。トランスパースが運営するバス、鉄道、フェリーを1枚のチケットで利用が可能となる。

料金はゾーンで8つに分けられており希望のゾーンの料金のチケットを購入し、同じゾーン内であれば発行時間から数えて1〜4ゾーンは1時間半、5〜8ゾーンは2時間の間、1枚のチケットを提示するだけで自由に移動することができる。

 



(16:37)

2005年03月25日

イエールタウンと呼ばれる高級住宅街を抜けてフォールス・クリークへ

can050422_1

 

 フォールス・クリークにもモクレンが咲いています。

  ちなみにBC州の州花は花みずき(英語Dogwood)です。

 

 

can050422_8

たくさんの人達が犬の散歩をしながら

 




 この天気を楽しんでいます。
 

can050422_9 

カヤックなんかもしたりして



can050422_10

 

 

 

 

 can050422_20春を感じます

 

 

 

  can050422_21

 

 アクアバス


  can050422_22

 

このミニフェリーで向こう岸まで行けます。

  ちょっとしたクルーズが楽しめます。

 

 

can050422_11

フォールス・クリーク沿いを抜けてダウンタウン中心へ






can050422_11

 スカイトレイン




  バラード駅南側『ソメイヨシノ』の桜並木

can050422_13

 

 

 

 

 

 

 街中ではこんな感じで花が売られています。

can050422_12

can050422_25

 

チューリップがいっぱい!

夕方にはほとんど売切れ

 

 can050422_24ダウンタウンを抜けて、バンクーバーで一番大きな公園『スタンレーパーク』に到着!







can050422_14

 警察官が馬に乗ってる姿も見かけます。





can050422_15

 






ここにもチューリップがいっぱい!




can050422_23

 

 

 

 

 

can050422_2

 ショーネーシーと呼ばれる閑静な住宅街

  『シロタエ』が咲きほこっています。







 

can050422_3 

 

 

 

 can050422_6

 桜が閑静な住宅街をよりいっそう引き立てます。








 

can050422_4

 






can050422_5  

 

 

 

 キャンビー橋を通りながら・・・ 夕日がキレイ   
    

can050422_18

 

 

 

 

 can050422_19

 

 




ダウンタウンに戻り、丸い中央図書館の横を通り
ただいまぁ。。

can050422_20

 















春うららバンクーバー春のお散歩

 



(10:29)

2005年03月24日

やってきました! イースター!!
 
この時期がまたまたやってきました。
街にはイースターのウサギや卵の形をしたチョコレートが
ずらりとならんでおります
 
スーパーマーケットやパン屋さんの店員さんまでが頭に
バニーかちゅーーーーしゃ!(うさぎの耳がついたヘアバンドの事ねっ
 
今日はイースターホリデー4連休の前日なので
どこへ行っても皆ニコニコ顔
HAVE A HAPPY EASTER
と声を掛け合っている。
 
そして午後4時を過ぎると、すでにオージー達は
もう休暇気分。よってビジネスはきちんと進まないのである・・
 
明日は、GOODFRIDAYという日にあたり
お酒などはもちろんダメっっ!ナイトクラブももちろん営業は
お休み。 他にもスーパーもショッピングセンターもすべて
しまってしまうのだ。。。
 
ギャッ、って事は今日中に食料を買っておかないと
ダメって事じゃーー。
 
急いでいこっとーーー 
 
(終)
 
 
 
 
 
 


(18:20)

2005年03月23日

季節の変わり目ですね。先週末でデイライトセービング(夏時間)が終わりました。好天が続き、NZらしい穏やかな日々が続いています。日本との時差も時間になり、少し近くなった気がします。

 

akl050323_2この時期、南半球では、RUGBYの世界最強リーグ“SUPER12”が、そのシーズンの真っ盛りとなっています。このリーグは、NZから5チーム、AUSから3チーム、南アから4チームが参加し、ホーム&アウェイの11節を戦い抜きます。どのチームも国内の地域リーグを経て選考された選抜ですから、レベルはかなり高いわけです。実際の選手も各国代表クラス、次期代表クラスがズラリと並んでいます。

 

akl050323_1今年は、AUSの2チームが好調で、それに引き続き、NZのクライストチャーチを本拠地にするCRUSADERS、ウェリントンが本拠地のHURRICANESが健闘しています。オークランドをホームとするBLUESですが、何とか開幕2連勝はしたものの、その後に2連敗。ゲーム内容も残念ながらあまり良いとはいえません。

 

実は夏時間が終わった直後のこの時期は、1年を通じても最も天候が安定した時期です。金曜日のナイトゲームや、週末のデーゲームを観戦しにスタジアムに足を運ぶのには最適の時期です。のんびりと観戦に出かけてみませんか?

 

KOKORO



(11:46)

2005年03月18日

321日(月) 曇り時々晴れ 最高25度、最低20

シドニーより

 

今回は、友人の個展の様子をお伝えしたいと思う。もともとは建築家のJason。さまざまな友人の勧めで、大きな絵画に挑戦することになったらしい。彼が着ているスーツも、同じパターンが描かれている。カラフルな直線が交差する衣装をまとった彼は、普段はいい男なんだけど、何とも形容しがたい、ピエロのような・変な人のような・いわゆる芸術は爆発な感じの人になっていた。

 

syd050321_2シャンパンが振舞われ、華やかに始まったオープニング・セレモニー。ビルの広いロビーを貸し切っているその会場は、天井が高く、ガラス張りの開放的なスペース。おそらく200人は軽く集まっていた。私も実は絵を趣味で描くので、将来こんな感じで個展を開けたら素晴らしいだろうな、という想いが心をよぎった。Jasonは顔が広いなあ。

 




syd050321_3オープニングの余興として、ダンスも披露された。聞いたところによると、そのダンサーはJasonの親戚の子らしい。しかも、最初は裸で登場する、と聞いていたので、本当かしら、と思っていたが、直前で取りやめたらしい。黒い全身タイツを着て登場した。しかもJasonも途中でダンスに加わり、会場は一気に盛り上がった。

 




syd050321_4Jason
の作品は、知人に言わせると、「建築家らしい作品」なのだそうだ。何本もの線で表現されたその大きな絵たちは、確かにスケールが違う。ビルのロビーに等間隔で飾っても、すっかりなじんでいて、ひけを取らない。オリンピアを連想させられるモチーフを眺めながら、オーストラリアが生んだ新鋭画家の未来に、改めてシャンパンで乾杯をした。



syd050321_1

(09:52)