2005年02月

2005年02月14日

海に囲まれたNZではもちろんマリンスポーツが盛んです。ヨット、カヌー、釣り(スポーツ)、サーフィン、そしてダイビング!divingNZダイビングの特徴は、ハンティング(捕獲)ができるということ。

爽やかに晴れ上がった週末、潜りに行って来ました!ちょっぴり風が強くて波が荒かったものの、水温は22℃と快適。ボートで20分程の沖合いで水中散歩を楽しみました。収穫は??

ご覧の通り、見事なクレイフィッシュの他ホタテを4人で100個以上ゲット!ebi

シャワーを浴びてスッキリした夕暮れ時、BBQで海の幸をたらふく楽しみました。

海洋生物に触れてはいけない海が多い中、潜って食べて1度で2度美味しいNZのダイビング。でもむやみやたらに取って良い訳ではなく、ちゃんと大きさの制限あり、禁漁期間ありと環境保護も忘れません。という事で、ホタテ獲りは次の春までお預けです。(R)



(11:15)

2005年02月11日

2月11日(金)曇り 最高気温30度 最低気温20度
シドニーより
 
syd050211_1Sydneyの有名どころはBlue Mountains。計3年住んでいながら、一度も行ったことのなかった私だが、やっとその機会がやってきた。
 
その大自然の偉大さには、絶句した。言葉では表しきれない。とりあえず写真を見ていただきたい。緑の青の山かあ・・・その青に吸い込まれそうだった。
 
 
syd050211_3Bush walkingをするつもりではなかったのだが、もっと山の青に溶け込みたくて、歩き始めてしまった。途中で滝を横切ることとなり、その美しさにまた絶句、歩いてみてよかったな、と思った。
 
Three sisitersと呼ばれる岩も有名だが、私が歩いたこの滝のあるWalkingコースも、ぜひお勧めしたい。2時間半のWalkingはかなりいい運動にはなったが、Blue Mountainsを体で体感することができた。
 
 

 

ちなみに、Blue Mountainsへは、この茶色い72年物ベンツで行った。気分は70年代映画スター・・・かな?
syd050211_5

(09:33)

2005年02月09日

usa050209_2アメリカに来てからもうすぐ3ヶ月になる。自分の身の回りを固めるのもだいぶ落ち着いてきたころだ。そんな時、学校の人にファーマーズマーケットの話を聞いた。ロスでは毎週決まった曜日、決まった時間にファーマーズマーケットがあちらこちらで開催される。・・知らなかった。とうわけで、さっそく学校の近くのファーマーズマーケットに向かってみた。

 

 

usa050209_4

『わー、びっくり!』というほど大規模なものではないが、野菜や果物、花や雑貨まで様々な露天が軒を連ねる。高層ビルが立ち並ぶオフィス街にこの露天街。なんとも不釣合いのようだが人は結構いた。

 

 

 

 

usa050209_1旅行者とういよりも、オフィスワーカーやローカルの人が多かった。結構ロスの人達の生活観が垣間見れる場所なのかも知れないな、ここ。勿論食べ物の屋台も出ており、ホットドッグのソーセージ(ご丁寧にベーコンまで巻いてある)がモクモクと煙をたてて客を引き寄せる。気軽にお店の人とのやり取りも弾む。・・・結構楽しいな。      
 
 
 
usa050209_3他のファーマーズマーケット巡りもしてみようかな。その場所の特徴が反映されてて、また違った露天が楽しめそうだ。


(00:00)

2005年02月04日

nz050204_1今回はクライストチャーチで行われた
ワールドパッカーズ・フェスティバルを紹介します。
 
 
12年を迎えるクライストチャーチの「大道芸フェスティバル」
アート・センター、大聖堂広場、ショッピングモールなど、街のいたるところで、国内外のストリート・パフォーマーたちがジャグリング、コメディ、パントマイム、演劇、音楽などのパフォーマンスを繰り広げる国際色豊かなフェスティバル。

nz050204_2ニュージーランドをはじめ、アメリカ、イギリス、オーストリア、日本…10カ国以上のさまざまな国からここぞとばかりに大道芸人が集まり、いろんなところでパフォーマンスをします。
こんな風にクライストチャーチの大聖堂の前でパフォーマンスします。ギャラリーもたくさん集まってきて、暑い直射日光を浴びながら見物します。みんな乗りが良く、それだけでも楽しめます。

オーストラリアから来た、パフォーマー
nz050204_3City Mallで1時間ほど、動かずジーっとしてます。
まあ、たまに動いてましたが…。
こんな暑い中、よく我慢してここまで動けずにいるなあと感心します。
芸人魂ですね!

 

Gamarjobat (日本人)
nz050204_42年連続出場という人たちがなかなかいない中、日本から2人が今年もやってきました。
近くのオランダ人曰く、彼らがこのパフォーマーの中で一番面白かったと言ってました。ちょっとうれしいですね。
私が街を歩いているときに、ふと彼らに遭遇しました。「頑張ってくださいね!」と話し掛けると
「応援してね!」と気さくに答えてくれました。結構いい感じのお兄ちゃんたちでした。
このデュオは、韓国でのChunchon国際フェスティバルなどのアジアではもちろんのこと、エディンバラの国際フェスティバルおよびフランスの祭りのd'Aurillacなでヨーロッパの至る所で聴衆を魅了してる、知る人ぞしる大芸人らいしです。(私は今まで全く知らなかったですが・・)
クライストチャーチは、こんな芸術的なフェスティバルも行われる、ステキな街なのです。
後ろの路面電車見えますか?ステキでしょ!



(18:43)

2005年02月01日

can76カナダで大規模のスーパーマーケット。地元カナディアンはここでまとめて1ヶ月に何回か買い物をします。can

これはビニール袋に自分の必要な量だけとって紙紐にそのアイテムの番号を書きます。

canこれはショッピングカート。使用時に1ドル入れて使用後にその1ドルは帰ってきます。

canこれはチップス。ランチサイズになっているので、Familyは子供にランチで持たせるところが多いです。

 

カナダに来る機会があれば一度このスーパーに行ってみてください。



(09:36)