2005年02月

2005年02月26日

【食べ物】

 

私のアメリカ生活もそろそろ落ち着いてくる時期に入った。LAX空港に下りてから3ヶ月が過ぎた。そろそろ、日本の味が恋しくなる頃・・と思うが意外とそうでもなかった。

学生のとき、コネチカット州というところに短期留学に行ったことがあるが、そこでは本当に日本食が置いてなく、非常に恋しい思いをした。が、さすがカリフォルニア。『移民の州』と言われるだけあって、世界各国の料理が楽しめる。日本食も非常にポピュラーで、街のいたるところで『sushi』の文字が踊る。ヘルシーブームの波に上手く乗ってるな、日本食。

 usa050225-y

牛丼で有名な吉野家。日本では狂牛病によってアメリカ牛肉を使った牛丼をほとんど見かけなかったが、ここアメリカの『Yoshinoya』の牛丼は勿論アメリカ牛肉使用。一度食べたが結構おいしかった。しかし、量が半端ではなく多い。しかも、肉と玉ねぎ、ご飯の割合がやっぱりおかしい。玉ねぎが入っていることはいるがほとんど見あたらない。この時だけの偶然だったのだろうか?そして、肉の量の多いこと多いこと!!掘っても掘ってもご飯までたどり着かない。日本の牛丼は『もう少しお肉が入ってると嬉しい』と思っていたが、やはりあのバランスが絶妙のところなのか?

 usa050225-p

知っている方も多いかもしれない。ここはロスで一番有名なホットドッグのお店『PINK'S』。

毎日毎日行列が絶えない。本当に絶えない。毎日前を通るが、毎日人が集っている。空腹の時に前を通過するのは結構辛い。日本の焼き鳥屋やうなぎ屋がわざと匂いを出して客を引き寄せる手があるが、全くそのとおり。非常に魅力的な匂いがする。しかし、まだその味を試したことがない。食べた友人達の評価は色々だが、次回は是非味わってその評価を下したいと思う。

日本食がなくても、十分生きていける・・。梅酒を飲みながらそんなことを考えた。



(03:31)

2005年02月25日

こんにちは!今回はケアンズからお送りします。
ケアンズ市民の買い物で、とっても活気のある場所が
ラスティーマーケットです。
このラスティーマーケットは、ケアンズで1番大きな、
綺麗なバックパッカーズのギリガンズのグランドフロアー
部分で開催されます。
 なぜに、バックCNS1パッカーズの下なのか?
  
 
 
 
 
 
 
 
答えは簡単です。
もともとラスティーマーケットは青空市場で、
ギリガンズの建っている場所で、
長年親しまれてきたからです。
CNS3
 
 
 
 
 
 
 
 
 マーケットでは、100を越す出店があり、それぞれ野菜、フルーツ
がメインで、その他には新鮮な卵、コーヒー豆なんてのもあります。
地元で長年親しまれたマーケットだけあって、
出店している人たちは、とっても親切、且つ安い、新鮮とくれば、
誰もが利用するのに納得してしまいます。
つい先だっても、レタスが安いので2個買おうとしたら、
「1個にしておきなさい」と言われ、
「なぜ?安いからもう1個買いたいのだけど・・」
と言うと、「うちのは新鮮だけど、無農薬だから腐るのも早いの。」
「来週も同じ値段だから、来週また1個買いにきてよ。」と・・・。
素晴らしい!!
(ちなみにケアンズはやっぱり暑いので、腐るのは早い。
野菜や果物の買いすぎには注意です。)
こんなところも、ラスティーがずっとケアンズ市民に愛されている
証拠なんだと思います。 
このラスティーマーケットは毎週金、土、日曜日
朝6:00から、オープンしています。
 


(12:44)

2005年02月23日

 
 
こんにちは!
 
今回はクライストチャーチ(ニュージーランド)よりお届けします。
 
 
 
最近のクライストチャーチはめっきり秋らしくなってきました
1ヶ月前までは22時くらいまで明るかったものの、最近は21時ころには暗くなります。(とはいえまだまだ明るいですけどね
 
 
それでは、今回は先日行われましたクライストチャーチのビッグイベントの一つ、
 
フラワーフェスティバル(FLOWER & ROMANCE FESTIVAL
 
ご紹介します。
 
 
 
 
89fa1d2d.jpg
 
このイベントは毎年一度2月に行われ、この時期には路面電車や街のあちこちにお花のかわいい飾り付けがされ、
お花に囲まれたガーデンシティーを楽しむことができます。
 
 
 
 
 
フラワーフェスティバル
 
恒例のフラワーカーペット
大聖堂の中に色とりどりの花でクライストチャーチの四季を表現したお花のじゅうたんが登場します。
 
 
 
 
そのほか、地元出身のファブリックアーティストによるファッションショーやダンスパーティー、コンサートなど様々な催し物があります。
多種多彩なオープンガーデンも登場します。
ここでみんなに共通するところは「人が好き・ガーデニングが大好き」という精神!!
 
ビクトリア様式の建物とお花につつまれて、優雅な時間を過ごせるカフェも人気です。
ガーデンシティーの名を持つクライストチャーチに来るときには、ぜひこのフラワーフェスティバルの時期にあわせてはいかがですか?
 


(14:37)

 

今回は、カナダ・バンクーバー、庶民の足である公共機関を御紹介したいと思います。

まず、バス。can050222_1

ダウンタウンの中を走っているバスの多くが電気(電線とバスの屋根がアンテナでつながっています)で走るバスになります。

 

can050222_2

通常のバスの2倍の長さのバスもこちらは走っています。

 

 

 

こちらはcan050222_3スカイトレイン。

モノレールで、バンクーバーのダウンタウンからバーナビーやサレーといったところを結んでいます。

 

 

こちらは、公共機関の案内板と切符の自動販売機です。

can050222_6

can050222_5

この自動販売機には、多人種が生活しているバンクーバーならではで、英語やフランス語はもちろん中国語や韓国語、日本語の案内もあります。

 

そして、最後にシーバス。can050222_4

ノースバンクーバーとダウンタウンを結んでいるフェリーになります。

 

 

このような公共機関を使って、是非いろいろなところへいってみてください。

 



(10:46)

2005年02月22日

インド洋に面した西オーストラリア州の州都であるパース。
近代的な高層建築と19世紀の歴史ある建物が混在する街並みは、世界でも最も美しい都市のひとつと言われます。
今回はパースの街にスポットを当ててみました。
 
 
パース駅

pe050222-1  パース駅を起点に南のアーマデールから北のカランビンを結ぶアーマデール、ジュンダラップラインと、西のフリーマントル、東のミッドランドをを結ぶフリーマントル、ミッドランドラインの4路線が走る。

いづれも市民の足として使われている。

 

 ヘイストリートモール                           

pe050222-3  こちらは街の中心に位置し、おしゃれなカフェやブティックが並ぶヘイストリートモール。

ショッピングを楽しむ人で、一日中にぎわっている。時にはバスカーなど、ストリートパフォーマンスをしていることも・・・。

 

ヘイストリートを歩いていると、中世ヨーロッパの雰囲気を漂わせる大きな時計のあるゲートが・・・。pe050222-2

 こちらはロンドンコートと呼ばれるアーケード。

内部も中性的な雰囲気で、お土産屋さんや、チョコレート、お菓子やさんなどが並ぶ。

 

 ほとんどのパースのお店の営業時間は朝9時から夕方5時ごろまで。そんなんじゃゆっくりお買い物できない!という人は、金曜日のレイトナイトショッピングデーにどうぞ。毎週金曜日は夜9時まで開いているのでゆっくりショッピングが楽しめます!

 

 

 

 

 

 

 



(15:58)