2005年01月24日

1月24日(月)晴れ 最高30度、最低20

シドニーより

 

今日は、Market Cityというショッピングセンターの1階に、木・金・土・日と出る市場(Hay Market)についてお話したい。

 

外国にしばらく暮らすようになると、毎日を観光するように過ごす訳にもいかず、尚且つ毎日外食する訳にもいかない。特に私のような倹約家は、少しでも安い食材を買えると、この上もなく喜びを感じる。

 

そんな私を魅了して止まないのが、このHay Marketである。野菜や果物が量り売りと、衣類・日用品・お土産などのセクションと、大きく二つに分かれている。私はもっぱら野菜果物の方を訪れる。毎週末、足を運び、一週間分の食料を買い込むのが楽しみである。

 

さて、只今夏のシドニーでは、野菜や果物が色とりどり、元気いっぱいである。旬の物といえば、マンゴーやパイナップルなどのトロピカルフルーツだ。日本ではマンゴープリンで有名なマンゴーだが、こちらは丸ごとそのままで買い、切って食べるのが一般的だ。

 

パイナップルも丸ごとで$2。(A$1=約\80)私はこの後$1.50の物を見つけ、うれしくて思わず買ってしまった。皮を剥くのは大変だが、よく熟れてくると、ひし形の部分が面白いように外れる、というのも、オーストラリアに来てから知った。

 

レタスも白菜も、丸ごと売られている。レタス1$1は安いなあ。

さて、両手いっぱいに買い集め、少々重たすぎる袋たちを「よっこらしょ」と持ち上げる。これで今週の食材は心配しなくてよい。頭の中で、どの野菜をどの料理に使うかを考えながら、マイホームの道を急ぐ私であった。



(08:27)

2005年01月20日

今回は、とっても素敵な街、ビバリーヒルズをご案内いたします。
ビバリーヒルズといえば、ハリウッドスターたちが集う高級住宅街、
そしてブランドショップが連なるショッピングストリート。
とはいっても、それほどお金を持っていなくても、散策するだけで
一日中楽しめるのです!
 
usa050119_1
 ウィルシャーブルバード
ティファニーが顔にもなっている銀行や高級デパートが立ち並ぶ大通り。
これらのブティックやデパートは、超高級な洋服、バッグ、靴がとっても広いスペースに、「ところ狭し」ではなく、閑散ときれいにならんでいます。お値段チェックだけでも結構楽しい。 
 
 
 
 
 
usa050119_2同じくウィルシャーブルバードに面しているThe Regent Beverly Wilshireホテル。あの有名な映画プリティーウーマンの舞台としても名高い観光名所となっています。ラウンジでくつろげば、ジュリアロバーツ気分?
 
 
 
 
 
usa011905_4ビバリーヒルズには、このような外にテラスがあるカフェがたくさん見られます。一年中、気候も良いので、友達と話すのも、本や雑誌を読みながらくつろぐのも快適。セレブ気分のひと時をのんびりと楽しめます。

 

  

usa050119_5ショッピング街を抜けると高級住宅地の入り口。スター宅マップを手に入れて見学するツアーも人気。しかし、超ビッグスターになると、ものすごく警備が厳しいため近寄ることはできません。ちなみにトムクルーズ宅は、岡の頂上にそびえるお城のような家。下から遥かかなたに見ることはできてもどこが門なのかまったくわかりません。

  

usa050119_6嫌になるくらい高級車だらけのビバリーヒルズ。ついつい、これ一台で、自分の車が何台買えるのやら。。。下手したら家も買えるのでは???などついセコイことを考えてしまいます。他ではめったに見ないスーパーカーまで頻繁に目にするのはやはりビバリーヒルズならでは。

 

 

まだまだ、お伝えしたいことはやまほどあります!

次回第二弾、乞うご期待!

 

 



(12:29)

2005年01月19日

今回はケアンズからお送りします。

ケアンズと言えば、ダイビング。ダイビングと言えばケアンズ。

もうそんなことは知ってる?もう飽きた?

いやいや、やっぱりケアンズを語る上でダイビングは欠かせません。

そんな自分もダイバーのハシクレ。(実はレスキューダイバーだったりする。)そこで、久しぶりにGBR1日トリップに行ってきました!

そんな1日トリップの模様を実況します。

 

cnz01AM7:30 

     まずは、お迎えの車から、

     リーフターミナル到着

 

 

 cnz02

AM7:40 

     船の入り口で受け付け。

   Cカードを忘れずに。ちなみにこの日、

   私はCカードを忘れてあせりましたが、

   乗せてくれました。良かった〜。

cnz03   

AM8:00 

   この人は、ダイビング参加者を

 GBRのポイントまで送ってくれる

「スキッパー」と呼ばれるボートの運転手さん。

   安全運転でよろしく!出発〜。

 cnz04

AM9:00

   船内にて、ポイントの説明を聞いています。

      この方たちは体験ダイビング参加者。

緊張気味です。

 

 

cnz05AM9:30

   無事、ポイントに到着。

今日のポイントは、サクソンリーフ。

自分にとって8ヶ月ぶりのポイントです。

懐かしいぞ〜。ちょっと船がゆれてます。

 

  

   

cnz06

  午前中、1本目のダイビングが終わり。

  お腹、ペコペコ。そこにはボリューム

  満点のランチが。急げ〜。

   

   

私は水中カメラ(ハウジングと呼ばれるケース)を持っていませんので

水中写真が取れません。みんなに見せたかったのに残念!!

後でダイビング中の前後の写真も無いことに気づいた。

だって自分の用意もあるし、久しぶりで写真どころではなかったり。

水中世界は素晴らしいの一言。

ダイビングって疲れちゃいけないスポーツだってこと久しく忘れてました。

2本目はホントに満喫。リラックス〜。

 

PM1:00

  この日は、午後も同じポイント。日によっては、移動するけど、

  他のポイントが荒れ気味ということで、同じポイントの

  反対側をもぐることに。

 cnz07

PM2:30

  2本目のダイビングも終わり、

  いよいよケアンズへ向け帰港

  ボート前部のサンデッキにて

  くつろぎの時間。暑い日差しに、風が心地よい。

 

 

cnz08PM4:00

  ケアンズ港に到着。お疲れ様でした。

  この後、私はダイビングインストラクター

  ともに夜の街へ。実は、一番の楽しみは

          コレだったりする。

    

  GBRの1日ダイブトリップの雰囲気が伝わったでしょうか?

  最近のケアンズは、晴れ、晴れと快晴続きで、この日も晴れ。

やっぱりケアンズって良いなぁ。

  世界遺産のGBRが手軽に行けるのって、

本当に素晴らしいことだと改めて思った1日でした。



(15:27)